「お金」で「他人の時間」を買う(=ショートカットする)意識

この記事は3分で読めます

time-1019889_1920

 

川名です。どーもです^^

 

 

さて、今日は人生をより良くより豊かにするためにも
非常に重要な視点についてお話したいと思います^^

 

 

それは、

 

「お金」と「時間」の関係

 

についてです^^

 

 

これは、めちゃくちゃ重要な視点ですので、
しっかりインプットして腑に落としてくださいね!

 

 

 

では早速行きましょう^^

 

 

 

「お金」は増やそうと思えば増やせますが、

 

「時間」は増やそうと思っても増やせません。

 

 

1日24時間、1年365日で8,760時間です。

 

90歳まで生きるとしたなら、
あなたの人生の残り時間が計算で出ますよね^^

 

僕の場合、今45歳なので(丁度半分!^^)、

残り45年で394,200時間です(笑)

 

この「時間」というのは、

 

どうやっても増やすことが出来ない
「有限」なモノです^^

 

 

「お金」=「無限」

 

「時間」=「有限」

 

なのです。

 

 

 

これは「お金」よりも「時間」の方が遥かに
(希少)価値が高いということです。

 

 

こうやって聞くと当たり前の事なのですが、
意外と意識できてる人は少ないのです(^_^;)

 

 

僕らは普段「お金」で何を買っているのでしょう?

 

 

例えば、食費を例にすると分かりやすいです^^

 

・食材(野菜、肉、魚・・・)
・コンビニ弁当
・スーパーのお惣菜
・外食

 

自炊して食事を作るのに野菜や肉、魚など、
食材を買って来ますよね。

 

勿論、この場合、

「お金」で買っているのは「食材」なのですが^^

 

本来、野菜や肉、魚といった「食材」というのは、

自分で栽培したり、自分で飼育したり、
山や海で獲ってくることも出来ますよね。

 

 

その手間(時間)を省くために
スーパーで買い物をしているわけです^^

 

 

これは、

 

・野菜を作ってくれた農家の人、
・豚を育ててくれた農場の人
・魚を獲ってきてくれた漁師の人

 

などなど、

 

食材に絡む沢山の人たちが費やした「時間」を
僕らは「お金」で買っているということです^^

 

 

コンビニ弁当やスーパーでお惣菜を買うのも、

 

食材を作った人、そしてその弁当やお惣菜を
料理して詰めてくれた人の費やした「時間」を
「お金」で買っているのです。

 

 

外食も同じです。

 

唐揚げ定食で使っている食材を作った人、
その食材で料理してくれた食堂のおばちゃん(笑)
の費やした「時間」を「お金」で買っているのです。

 

 

僕らはこうやって、

 

「お金」で「他人の時間」を買うことで、
自分の時間を「ショートカット」しているのです。

 

 

この意識をしっかり持つことで、
ネットビジネスにも応用が可能です^^

 

 

「自己投資」という言葉を
よく聞くと思いますが、

 

 

僕の中では、

 

「自己投資」=「(ここで言う)ショートカット」

 

なのです^^

 

 

その辺の僕の考え方や経験談を
BTC募集ページでも解説しています。

 

じっくり読んでもらえると、

 

2年半で月収1万円しか稼げていなかった僕が、
なぜ一気にブレイクスルー(月収100万円突破)出来たのか?

 

が伝わることでしょう^^

 

 

BTC募集ページはこちらをクリック!

 

 

 

それでは今日はこの辺で。ごきげんよう。

 

川名

 

 

PS.

 

今回のBTCの募集に関するご質問は、
以下のフォームから何なりと聞いてください。

 

BTCご質問フォームはこちらをクリック!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. breakthrough
  2. アルバイトjob_izakaya_beer
  3. mother-429158_1920
  4. 荒川静香コメント
  5. metabolic_woman
  6. メッセージボード女性a0002_006085東洋医学的西洋医学的
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

川名要輔の公式ブログ

7年前に某IT企業F通を辞め脱サラ。今は琵琶湖のほとりの超ド田舎に移住してきて、自宅で仕事をしながら自由にのんびり生活をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る