個人がネット上に「テレビ局」を簡単に作れる時代なのです^^

この記事は3分で読めます

 

川名です。どーもです^^

 

 

↓只今、YouTubeでブレイクスルーする企画の募集中です。

企画の詳細はこちらをクリック!

 

 

 

さて、今日は、

 

 

僕がこの1年半、BTCという企画で取り上げている
「YouTubeアドセンス」というビジネスについて
解説をしたいと思います。

 

 

今さら感はありますが(笑)、

 

意外と収益が上がる仕組みが
伝わってないことがわかったので。

 

 

あ、興味なければスルーでお願いします^^

 

 

 

まず、YouTubeで動画を作って収益を得るために
必要なものが2つあります。

 

・YouTubeアカウント(+チャンネル・動画)
・アドセンスアカウント

 

この2つのアカウントです。

 

どちらも無料で作ることが出来ます^^

 

 

 

YouTubeアカウントを作って、
その中にチャンネルというものを作ります。

 

そして、そのチャンネルとアドセンスアカウントを
関連付けすることで、自分の作った動画から
収益が上がるようになります。

 

 

これが一般的な解説なのですが、
非常に分かり難いですよね(^_^;)

 

 

これね。

 

「YouTube」を「テレビ」に置き換えると
非常に分かりやすくなります^^

 

 

YouTubeアカウント = テレビ局

 

YouTubeチャンネル・動画 = テレビ番組

 

アドセンスアカウント = テレビCM

 

こういうことです^^

 

 

 

こうやって置き換えてあげると
イメージし易いですよね^^

 

 

YouTubeで動画を作って収益を上げるビジネスは、
個人が小さなテレビ局を立ち上げるってことなのです。

 

 

YouTubeアカウント作成 = テレビ局を立ち上げる

 

YouTubeチャンネル・動画作成 = テレビ番組を制作して放映する

 

アドセンスアカウント作成・関連付け = スポンサーとCM契約

 

こういうことです^^

 

 

 

自分の作った動画(=テレビ番組)の途中に
広告(=テレビCM)が表示されて、

 

その広告が観られたりクリックされたりすると
収益が上がるわけです^^

 

 

その収益が大体、再生回数の5~10%です。

 

10%だと想定すると、

 

1,000再生で100円
10,000再生で1,000円
100,000再生で10,000円

 

の収益が上げるわけです。

 

 

これが「YouTubeアドセンス」というビジネスの仕組みです^^

 

 

この辺の話を解説した動画セミナーを撮りましたので、
興味ある人は覗いてみてください!

 

・YouTubeアドセンスで稼ぐ仕組み(ビジネスの全体像)

http://yousukekawana.com/btc2nd/cf/kr440za8 [17:16]

 

 

 

今は、ネット上に気軽に個人がテレビ局を作れる時代なわけです。

 

しかも、無料でです。

 

10年前からすると、正直、想像も出来なかったですよね(^_^;)

 

ホント凄い時代になったものです。

 

 

小学生の「なりたい職業ランキング」。

その3位が「ユーチューバー」ですからね(笑)

 

 

 

まぁ、僕らはユーチューバーを目指す必要はなく、

 

顔も出さず、声も出さずに
ひっそりと稼げばいいわけですが^^

 

 

あなたも小さなテレビ局を立ち上げてみませんか?

 

 

個人の小さな小さなテレビ局だとしても、

 

こちらのように、月収100万円くらい可能ですから^^

 

 

↓只今、YouTubeでブレイクスルーする企画の募集中です。

企画の詳細はこちらをクリック!

 

 

 

次のメルマガでは、

 

なぜ、僕が今、YouTubeをオススメしているのか?

 

について書きたいと思います^^

 

 

それでは今日はこの辺で。ごきげんよう。

 

川名

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

川名要輔の公式ブログ

7年前に某IT企業F通を辞め脱サラ。今は琵琶湖のほとりの超ド田舎に移住してきて、自宅で仕事をしながら自由にのんびり生活をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る