「流星ワゴン」vs「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

この記事は2分で読めます

流星ワゴン

 

川名です。どーもです^^

 

「流星ワゴン」

 

というドラマをご存知でしょうか?

 

 

観てない人のために簡単にあらすじを。

 

主人公のカズは、会社をリストラされ、妻の美代子からは離婚を切り出され、息子の広樹は家庭内暴力。ずっと仲が悪く確執のあった父親の忠雄(ちゅうさん)は末期がんで入院中。という悲惨な状況。

 

呑んだくれて「何でこうなったんだ。なんでだ・・・なんで・・・」と考えこみながら駅前のベンチに座っていると、5年前に交通事故で亡くなった親子(橋本と健太)が乗ったワゴンが現れて「おいでおいで」と手招きをします。

 

吸い寄せられるようにワゴンに乗り込んだカズは、そこから人生の分岐点(過去)にタイムスリップして、人生のやり直しの旅に出る。という話です。

 

 

全10話で、平均視聴率10.31%なので、
世間的な評価はそこそこって感じなわけです。

 

 

が、個人的には結構ハマりました^^

 

 

僕はドラマや映画を観るとき、

 

「この作者はこの作品を通して何が言いたいのだろう?」

 

ということを考えながら観るのですが。

 

 

この「流星ワゴン」の作者の言いたいことに
かなり共感できたんですよね。

 

理由は、最近、学んだ「アドラー心理学」の考え方と
同じことを言っていて、かなりタイムリーだったので^^

 

 

最初は、過去にタイムスリップして人生やり直すって、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のパクリ的な話かなぁ
とか思いながら観てたんですが(^_^;)

 

 

全く別物でした。

 

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、
過去にタイムスリップして、過去を変えることで、
未来も変えてしまうという話です。

 

 

「流星ワゴン」も、最初は主人公カズが同じように
過去を変えることで未来を変えようともがきます。

 

でも、タイムスリップしたからって、過去は変えられないし、
当然、未来も変わらない。ということに気付き始めます。

 

 

物語が進んで行く中で

 

「過去(+未来)を変える旅」から、
「過去をやり直すことで後悔を消し、今の自分を変える旅」

 

に変化したのです。

 

 

この「流星ワゴン」の作者が
この作品を通して言いたかったことは、

 

「過去は変えられないけど、過去の経験には必ず意味があり、
今の自分を変えることで過去の意味付けも変わってくる。
結果、現在も変わるし、未来も変わる」

 

ということ。(だと僕は思ってます)

 

この考え方がアドラー(精神科医で心理学者)が提唱している
「アドラー心理学」そのものなのです。

 

 

ドラマでは「流星ワゴン」というタイムマシーンを使って、
面白おかしく表現していますが、この作者が言いたいことは、
タイムマシーンなんてなくても、誰もが出来る重要なマインドセットなのです。

 

 

最近、僕がよく言っている

 

「過去の経験には必ず意味がある」

 

というのも、この考え方から来ています^^

 

 

↓僕が17年苦しんだ会社員時代にもちゃんと意味がありましたよね?^^

川名の「仕事の歩み」と「今後目指したい方向性」

 

 

今日の記事の感想・ご意見・ご質問など、
遠慮なくコメントください。

 

それでは今日はこの辺で。ごきげんよう。

 

川名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 競馬ウインズ1618450_735693113146605_2268941198561773094_n
  2. 川名ビフォーアフター10341608_689952721053978_6994738340946703030_n
  3. 10608337_735378506511399_6210261417205241000_o
  4. 感謝text_kansya
  5. 0022997384
  6. DCF00033
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

川名要輔の公式ブログ

7年前に某IT企業F通を辞め脱サラ。今は琵琶湖のほとりの超ド田舎に移住してきて、自宅で仕事をしながら自由にのんびり生活をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る