現役PPCアフィリエイター達の「稼ぎ事例」まとめ

この記事は10分で読めます

アフィリエイトB成果発生

 

川名です。どーもです^^

 

 

ちょっと最初にお詫びです(^_^;)

 

1/22のメルマガで公開した以下のPPCアフィリの動画ですが

——————————————–
【ショボいペラページの作り方動画(約20分)】:
http://bit.ly/1y0EXuo
——————————————–

 

20分弱ある動画が16分34秒辺りで途切れてしまうという
ご指摘をいただきました。

 

確認してみると確かに(汗)

 

原因はよくわからなかったのですが、
動画をサーバー上にアップし直したところ
その現象が解消しました。

 

ぜひ最後の3分ほどの内容も聞いてみてください!

 

 

さて、今日の本題に入ります。

 

 

前々回のメルマガで

 

「PPCアフィリはもう終わったのでは?」

 

と不安に感じてる人が多いなぁということを書きました。

 

この不安を少しでも解消しようと僕が考えたのが、
このメルマガの読者さんの中で今でもPPCアフィリを実践中の人に
現状の稼ぎがどんな感じかを聞いて集計してシェアすること。

 

この企画にご協力くださりメールくださった皆さま、
本当にありがとうございます。感謝です!^^

 

 

とは言っても、
思ったほどメール来なかったのですが(^_^;)

 

以下、メール頂いた内容を簡単にシェアさせてもらいますね。
(僕と最近スカイプ繋いだ方の事例も含んでます)

 

少しでもあなたの不安が解消され、前に進む勇気になれば!

 

—ココから———————————

∪さん「現状月150万円の利益です。過去最高は月200万円です。」

Nさん「私は現状月30~40万円くらいの利益を行ったり来たりです」

Mさん「現状月25万円の利益です。過去最高は月65万円です。」

Sさん「今月の発生報酬から広告費を引いた数字は20万円です。」

Sさん「現状月15万円の利益です。過去最高は月35万円です。」

Hさん「現状月10万円の利益です。過去最高は月16万円です。」

Nさん「現状月5万円の利益です。過去最高は月20万円です。」

Oさん「今は放置プレイで月3~4万円の利益です。」

Aさん「現状月3万円の利益です。過去最高は月30万円です。」

Nさん「現状月3万円の利益です。過去最高は月5万円です。」

Iさん「私は良いときで、月10~20万ぐらいでしたが、最近は数万円です・・」

Aさん「売れ筋商品のあったASPが強制退会となり、現状トントンです。以前は月60万円くらい行ってました。」

Yさん「赤字続きで私は残念ながら撤退しました。」

Kさん「色々と試行錯誤しましたが1年経っても黒字展開できなかったので辞めました。今はせどりに転職?しました」

Fさん「過去の経験から「PPCアフィリ」を再開する事を先日決断いたしました。私的には、「PPCアフィリ」は、まだ稼げると思っていますよ。」

Kさん「PPCも視野にいれ、行動していきたいと思います。」

Aさん「僕も、数か月後には、PPCアフェリに挑戦してみたいので、皆さんの現状を知りたいです。」

—ココまで———————————

 

いかがでしょうか?

 

 

撤退した人も数人いらっしゃいますが、
まだまだ稼いでいる人いますよね?

 

 

もっと事例が沢山集まれば良かったのですが、
これでも十分参考になるのではないでしょうか。

 

 

大切な時間を使ってメール(事例)をくださった皆さまに
感謝しつつ、ご自身の行動の源に変えて頂ければ嬉しいです!^^

 

皆で頑張って行きましょう。

 

 

 

さて、今日も1つ、頂いたメールを紹介します。

 

Yさんが素直な意見をぶつけてくれました^^

 

—ココから—————————

(一部抜粋)

 

会社の給料以上の収入を得たら脱サラしよう。
その足掛かりとしてPPCアフィリエイトに私も
取り組んでみましたが、241件出稿してみて

 

出稿すればするほど当然広告費はかかり、
広告費がすぐになくなり、トータルで赤字になって
しまうので、これならもっと違うことをした方がいい
と思い、私は残念ながら撤退しました。

 

PPCに取り組むなら、すくなくても5万~10万ぐらい
を最初から失うことを前提というか覚悟の上
やるべきだと思います。

 

PPCが初心者でも一番簡単に稼げるなんてそれは
嘘だろ、と私は思っています。

 

—ココまで—————————

 

Yさん、メールありがとうございます!^^

 

 

まず、Yさんの言われているこちら

 

>PPCに取り組むなら、すくなくても5万~10万ぐらい
>を最初から失うことを前提というか覚悟の上
>やるべきだと思います。

 

これはおっしゃる通りです。

 

 

PPCアフィリはお金(広告費)が掛かるビジネスだし、
最初の報酬が自分の口座に振り込まれるのに3ヶ月ほど掛かります。

 

 

最初の3ヶ月は広告費が出て行く一方で、

 

Yさんが言われている

 

「すくなくても5万~10万ぐらいを最初から失うことを前提」

 

と言うのは、まさにおっしゃる通りなのです。

 

 

月に2万円の広告費を使えば、キャッシュフロー的には
最初の3ヶ月で2万円×3=6万円が出ていきます。

 

月に5万円の広告費を使えば、キャッシュフロー的には
最初の3ヶ月で5万円×3=15万円が出ていきます。

 

 

僕がコンサルをする時も最初にここはしっかり説明しますし、
本当に広告費が使えない人は、ヤフオクで不要品を売って
資金を作ってから始めるように誘導しますしね。

 

 

PPCアフィリは、そういう最初の3ヶ月はお金が出て行く一方の
ビジネスモデルなので、心が折れやすく続かない人が多いのも事実です。

 

で、この心が折れて続かない人というのは、
最近、僕がよく言う短期的な視点に陥っている人でもあります。

 

短期的な視点というのは動物的思考で、簡単に言うと
目先のお金の増減にしか目が行かなくなっている状態です。

(心理学的に言うなら「人間は差分に過剰に反応する」という

「プロスペクト理論」に当てはまります)

 

 

「今月、広告費5万円使って、報酬が2万円で、3万円の赤字だ」

 

みたいに、広告費は商品を売って利益を出すためだけに必要なお金で、
その広告費が報酬を上回れば、赤字という考え方です。

 

 

ざっくり言うと

 

広告費を使う = 赤字

 

という考え方ですね。

 

 

これも一理あるんですが、
もっと広告費については長期的な視点でみるべきです。

 

 

では、その意味を紐解いて行きましょう^^

 

まずは自分目線ではなく、他者を含めて考えると
広告費の概念がかなり変わって来ます。

 

 

「僕らは広告費を誰に支払っているのか?」

⇒ヤフーさん(ヤフープロモーション広告)にです。

 

「僕らはなぜヤフーさんにお金(広告費)を払うのか?」

⇒ヤフーの検索結果の上位に自分のページを表示させて商品を売るためです。

 

「僕らはなぜお金を出してまで自分のページを上位表示させたいのか?」

⇒本来、検索結果の上位に自分のページを表示させるためには、
SEO(検索エンジン対策)の知識を習得してコツコツと日々更新するといった
労力が必要で、上位表示されるまでには早くても3ヶ月とか6ヶ月とか
時間が掛かります。そのまま上位表示されないことも普通にあります。

 

PPCアフィリの広告費というのは、このSEO(検索エンジン対策)の
知識を習得して、自分のページを上位表示させる労力(時間)を
お金(広告費)で買っているのです。

 

SEO(検索エンジン対策)の知識を補うためにヤフーさんの
お力(広告枠)を借りて自分のページを上位表示させているわけです。

 

だから、ヤフーさんに「あなた(アフィリエイター)とは縁を切ります」
と言われるとPPCアフィリエイターは職を失うのです。
(実際にグーグル先生はこれをやって失業したアフィリエイターは一杯いますし、
この辺は僕が描いたネットビジネスの地図の「他者依存」の話に繋がります)

 

PPCアフィリエイターはお力を貸してくれているヤフーさんに
感謝するべきで、広告費は感謝料でもあります。

 

 

ここまで大丈夫でしょうか?
目先のお金の増減だけを見るのではなく、こうやって抽象度を上げると

 

PPCアフィリの広告費というのは、SEO(検索エンジン対策)の
知識習得や作業の労力(時間)をお金で買っているわけで、
お力を貸してくれているヤフーさんへの感謝料でもあるということが
見えてきます。

 

 

普段は自炊している人でも、たまにコンビニでお弁当を買ったり、

外食したりしますよね。これは自分で食材を買って来てご飯を作るという
労力(時間)をお金で買っているわけで、お弁当作ってくれた人や
お店で料理を作ってくれた人に感謝しますよね。

 

広告費もこれと同じことです。

 

 

だから

 

広告費を使う = 赤字

 

というのは短期的な視点であり、間違いなのです。

 

 

 

もう少し紐解いて行くと、

更に広告費に対する概念が変わって来ます。

 

 

次は自分目線寄りで考えてみましょう。

 

 

PPCアフィリの簡単な流れは、

 

(1)ASPで商品探して
(2)1枚ペラのページ作って
(3)作ったページを広告に出して
(4)売れるかどうか検証
(5)売れなかったら広告停止(売れれば広告継続)

 

この繰り返しです。

 

商品ページを量産して、広告出して、
売れる商品だけをふるいに掛けて行く地道な作業です。

 

 

この流れを見たら分かる通り、

 

PPCアフィリは、最初は売れるかどうか分からない商品のページ作って
広告に出して売れるかどうかの検証を繰り返すビジネスモデルです。

 

 

だから、広告に出した商品が売れても売れなくても、
広告費はその検証をするために必要なお金ということです。

 

 

広告費を使う = 赤字

 

ではなく、

 

 

広告費を使う = 検証費用

 

なのです。

 

 

例えば、前述したこの例。

 

「今月、広告費5万円使って、報酬が2万円で、3万円の赤字だ」

 

これを商品単位にみると

 

商品A 広告費1万円 報酬2万円
商品B 広告費1万円 報酬0円
商品C 広告費1万円 報酬0円
商品D 広告費1万円 報酬0円
商品E 広告費1万円 報酬0円

 

こういう内訳だとしましょう。
(分かりやすく区切りいい数字にしてます)

 

 

商品Aは1万円の検証費用を使って2万円の報酬発生。
1万円の利益だから広告出稿を継続しよう。

 

 

商品B,C,D,Eは、それぞれ1万円づつ検証費用を使って
発生報酬が皆ゼロ。見切りクリック※を超えてるから広告停止。
(※見切りクリックとは、広告を何クリックされたら、
その商品は売れないと判断するかを見切るための基準値です)

 

 

こうやって商品単位に広告費と報酬をみることで

 

全体でざっくり

 

「今月、広告費5万円使って、報酬が2万円で、3万円の赤字だ」

 

と言ってる状態よりも広告費を使う目的が明確になります。

 

 

で、上の例の商品Aは、検証したら売れて利益が出る商品と分かりましたよね。

 

この場合、商品Aに使う広告費は、「検証費用」から
利益を出すために必要な「投資」に変わります。

 

 

他者含まない自分目線だと

 

広告費というのは、

 

・検証費用
・投資

 

この2種類になります。

 

 

上の例に当てはめると

 

「今月、広告費5万円使って、報酬が2万円で、3万円の赤字だ」

 

商品A 広告費1万円 報酬2万円
商品B 広告費1万円 報酬0円
商品C 広告費1万円 報酬0円
商品D 広告費1万円 報酬0円
商品E 広告費1万円 報酬0円

 

投資   1万円(商品A)
検証費用 4万円(商品B、C、D、E)
報酬   2万円(商品A)
利益   1万円(商品A)

 

になります。

 

 

広告費5万円のうち、4万円は検証に使ったお金。
投資は1万円で報酬が2万円だから今月の利益は1万円。

 

 

「検証費用」は売れる商品を探すために必要なお金なので
「投資」とは別に考えるべきなのです。

 

 

だって、最初から検証に必要とわかって使っているお金なのに、
それを含めて赤字だ赤字だと考えてしまうのは自分を追い込む行為です。

 

 

キャッシュフロー的にも最初は出て行くお金の方が多い
ビジネスモデルなので、「検証費用」と「投資」をちゃんと切り分けて
認識することで心折れずに続けられる意味合いもあります。

 

 

PPCアフィリは、利益が出るようになるまでに3ヶ月の人もいれば、
6ヶ月、1年、それ以上の人もいます。
(これは前提知識やノウハウの理解度、作業量など色々な理由があります)

 

 

ただ、この結果が出ている人たちに共通して言えるのは、

利益が出るようになるまでコツコツと作業を継続して、
厳しい期間を乗り越えて来たということです。

 

 

今でもPPCアフィリで稼ぎ続けている人は、

 

(1)ASPで商品探して
(2)1枚ペラのページ作って
(3)作ったページを広告に出して
(4)売れるかどうか検証
(5)売れなかったら広告停止(売れれば広告継続)

 

この作業を膨大な数(商品数)こなして、
売れる商品をふるいにかけて、上で言う検証費用よりも、
投資(利益)の割合が大きくなっている状態なのです。

 

 

今でも月に200商品とか広告出し続けている人もいます。

 

 

ライバルの多いレッドオーシャンの場合、
直球(商品名キーワード)で膨大な数をこなすか、
自分なりに変化球(ニッチなキーワード)を練習して、
試行錯誤してブルーオーシャンを作るか。

 

このどちらかしかないのです。

 

 

・悪徳(何でもあり)なマニュアルが販売されて場が荒れてる。
・リスティングの規制が厳しくなっている。
・ASPから意味不明な強制退会させられた。

 

といった話を最近よく聞きます。

 

 

以前よりも厳しい市場になっていることは事実ですが、
それでも、今でも稼ぎ続けている人は多数いるわけです。

 

 

その稼ぎ続けている人は、上のどちらか(直球か変化球か)で
かつ、膨大な数をこなした結果、今があるのです。

 

 

 

いかがでしょう?

 

だいぶ広告費の概念が変わって来たのではないでしょうか?^^

 

 

 

最後にもう1つ、Yさんのメールの続きです。

 

>PPCが初心者でも一番簡単に稼げるなんてそれは
>嘘だろ、と私は思っています。

 

 

これはたぶん、僕が1月22日に出したメルマガの中で

 

>PPCアフィリは、ユーザは既にその商品のことを
>知っている状態で検索をしています。

>だからPPCアフィリは成約率が高く、お金(広告費)さえ使えれば
>結果の出やすいビジネスモデルなのです。

 

という表現をしたことに対する反論なのかな?と受け取ってます。
(間違ってたらゴメンなさい^^;)

 

 

僕は「PPCアフィリは初心者でも一番簡単に稼げる」とは
全く思ってないですし、今までにそういう表現をしたこともないです。

 

 

前述した通り、

最初の3ヶ月はお金が出て行く一方のビジネスモデルなので、
初心者にはこの部分だけでもかなりハードル高いですし。

 

 

僕は「お金(広告費)さえ使えれば初心者でも結果が出やすい」と
言っているだけです。

 

 

PPCアフィリの基本戦略が商品名キーワードなので、
ユーザは既にその商品のことを知っている状態で自分のサイトに訪れる。

 

だから、成約率が高い。

 

しかも、1枚ペラのショボいサイトを作ればいいので、

専門知識の面で初心者にもハードルが低い。

 

 

そして、これも前述した通り、

PPCアフィリは、SEO(検索エンジン対策)の知識習得や作業を
お金(広告費)で買って近道が出来るという意味で結果が出やすいのです。

 

 

サイトアフィリなどのSEO戦略だと、半年や1年経っても
検索結果の上位に表示されないということも普通にあります。

 

 

PPCアフィリは、お金(広告費)さえ払えば、
直ぐに1位表示だって出来ますから^^

 

 

 

という意味での

 

「お金(広告費)さえ使えれば初心者でも結果が出やすい」

 

なのです。

 

 

この辺はお間違えのないようにお願いします!^^

 

 

 

今回の記事の感想・ご意見・ご質問など、
遠慮なくコメントください。

 

それでは今日はこの辺で。ごきげんよう。

 

川名

 

 

PS.

初心者の方には元手の掛からないヤフオクの不要品販売をオススメしてます。

(ネットビジネスの地図の左下です⇒http://bit.ly/1zNQkfV

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. you-tube-897421_1920
  2. 合同会社カワーナ
  3. Business People Celebrating Success in a Cityscape
  4. questions-1014060_1920
  5. stick_figures_lift_arrow_800_clr_9273
  6. film-589490_1920
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

川名要輔の公式ブログ

7年前に某IT企業F通を辞め脱サラ。今は琵琶湖のほとりの超ド田舎に移住してきて、自宅で仕事をしながら自由にのんびり生活をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る