「先々、稼げなくなったらどうしよう?」

この記事は3分で読めます

業績マイナスbusiness_minus_man

川名です。どーもです^^

 

今日はビジネスの本質の話をします。

 

 

僕は2007年にPPCアフィリというテクニックを学び、
初月から30万円、3ヶ月後には月100万円稼ぎました。

 

その後、コンスタントに月200万円稼げるようになり、

最大風速では月500万円超えたこともあります。

 

今もそのPPCアフィリは継続していて、
そこそこの金額は稼ぎ続けています。

 

 

が、、、

 

 

このPPCアフィリって誰かが作ったテクニックで
稼いでいるわけで、自分の実力ではありません。

 

テクニックは時代の流れで必ず消えて行くものなので、
消えた時点で収入は激減するわけです。

 

で、また次のテクニックを探して右往左往して、
消えたらまた次とテクニックを追いかけ続けることになります。

 

 

このルーチンに入ってしまうと、

 

「先々、稼げなくなったらどうしよう?」

 

という不安から解放されることはありません。

 

 

だから僕はこの3~4年は収入アップを追い求めずに
ネット界で凄い人のセミナーを受けたり商材や本で勉強したり、
その不安を解消するための方向性を模索していたわけです。

 

 

で、僕が出した結論ですが、

 

「自分の実力(ステージ)を高めて、その実力に見合う収入を稼ぐ」

 

これにつきます。

 

 

「実力(ステージ)」と言うと、
抽象度高くてふわっとしてますが(^_^;)

 

 

例えば、億稼いでいる実力(ステージ)の高い人は、
脳科学、心理学、哲学、歴史学、物理学・・・などなど
色々な知識を習得していて、かつそれらを繋げて、
色んな角度からこの世界を鮮明にみることが出来ます。

 

だから、僕らの見えない億を稼ぐための道筋が見えるのです。

 

稼ぎたい金額をいつでも稼げる状態で、
実力(ステージ)の高さでその金額は増えて行くイメージです。

 

 

この辺は伝わりにくいと思うので(^_^;)
おいおい解説していくことにします。

 

 

あと、上で「その実力に見合う収入を稼ぐ」と書いたのには、
理由があります。

 

(運やタイミングや他人の力などで)自分の実力以上の収入を
稼いでしまうこともあり、そうなると自分は凄いと勘違いをして、
その後の人生を狂わされることになるからです。

 

 

例えば、「宝くじ」が良い例です。

 

「宝くじ」の1等(今は5億円?)が当たった人は、
後々かなりの確率で破産するそうです。

 

勘違いして金銭感覚がおかしくなったり、
人間関係のもつれなどから人生狂わされるわけです。

これは自分の実力(ステージ)に見合わないお金を
(運で)手にしてしまったからです。

 

 

僕はまだ億のステージには行けてないので、
宝くじで1等当選したいとか全く思いません。

 

今その金額を手にすると人生狂わされますから(笑)

 

 

結局、億という金額を手にしたいのなら、
自分がその実力(ステージ)に行くべきってことです。

 

 

最後におさらいです。

 

 

今回、僕が言いたかったのは、

 

「テクニックを追いかけ続けていては、本当の自由は手に入らない」

 

「先々、経済的にも時間的にも精神的にも自由になるためには、
自分の実力(ステージ)を高めて行くしかない」

 

と言うことです。

 

 

今後はこの僕が考える方向性に共感してもらえる仲間を集めて
コミュニティを作って一緒に歩んで行きたいと思っています。

 

もし共感していただけるのなら、
今後を楽しみにしておいてください。
(進捗が大変スローで申し訳ありませんが^^;)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 仕事始めshigotohajime_man_good
  2. まとめtabi_matome
  3. mother-429158_1920
  4. カワーナ23380049_1702057979865255_1327028012366949023_n
  5. 階段(仕事の4つのステージ)
  6. water-1882395_960_720
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

川名要輔の公式ブログ

7年前に某IT企業F通を辞め脱サラ。今は琵琶湖のほとりの超ド田舎に移住してきて、自宅で仕事をしながら自由にのんびり生活をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る